話し上手になるための4つのポイントとは?

こんにちは。コミュテラスの西垣です。
私のプロフィール取得資格一覧

このページでは
「話し上手になるにはどうしたら良いか?」
についてお話ししてみようと思います。

ビジネスでもプライベートでも
誰かと会話をしていて、

「この人と話をしていると心地良いな」
「初対面なのに話しやすいな」
「もっと長く話していたいな」

などと
感じたりすることってありますよね。

こういった相手に対する印象は、
「話し好きな人なんだな」とか
「相性が合うんだな」といった感じで、

相手の性格が社交的だからとか、
単に自分との相性が良いなどという理由で
捉えてしまいがちですが、

話し上手な人の話し方をよく見てみると
彼ら、彼女らに共通する点が
いくつかあったりします。

そういった話し上手な人たちに
共通している話し方を学んで取り入れれば、
あなたも話し上手になれそうですよね。

では、話をするのが上手い人たちに
共通している話し方とは
具体的にどのようなものなのでしょうか?

さっそく見ていきましょう。

表情や声のトーンに気をつける

私たちは他人と会話をする際に
言語・聴覚・視覚の3つの情報を通して
コミュニケーションを取っていますよね。

ですが、これら3つの情報が
相手に及ぼす影響の割合には偏りがあって、

・話の内容などの言語情報が7%
・声のトーンなどの聴覚情報が38%
・見た目などの視覚情報が55%

とされています。

これはメラビアンの法則と呼ばれる
有名な心理学の法則なのですが、

ここで重要なのは、
会話の際に「言語情報」はたった7%しか
相手に影響を及ぼしていない点です。

つまり、会話において
話の内容など言葉で伝えられる情報は
実はそれほど重視されていず、

それよりも声のトーンや会話のリズム、
表情や姿勢、しぐさ、服装など

言葉以外で伝えられる情報の方が
はるかに大きな影響を
相手に与えているのです。

したがって、笑顔を見せながら
普段より1トーン高い声で話しかけたり、

きちんとした身なりで姿勢良く、
相手の話にしっかりと相槌を打ちながら
会話をするようにすると、

相手はあなたとの会話に心地良さを感じ、
会話のやり取りが
スムーズにできるようになります。

会話が広がりやすい質問をする

視覚や聴覚からの情報に比べて
言語からの情報は
それほど重視されないと言っても、

ただ笑顔を見せているだけで
何も話さないのは不自然ですし、
場の雰囲気も気まずくなってしまいます。

そこで、自分の方からも
何かを話をする必要があるわけですが、
それが難しかったりするんですよね。

特に初対面の相手と
二人きりで話をしなければならない時など

何を話したら良いか分からず、
話題に詰まってしまったりすることは
結構あると思います。

そういう時に有効なのが、
相手に質問をすることです。

質問をすると
相手はその質問に答えてくれますから、

その間は相手が話す内容を
頷きながら聞いているだけで良く、
自分が話をしなくて済むので楽ですよね。

仕事の話でも、趣味の話でも
週末の過ごし方の話での何でも良いので、

話題に困ったらとにかく質問をして、
相手に話をさせるようにするのが
会話をスムーズに進めるコツです。

また、その際には
会話が広がりやすい質問をするように
しましょう。

たとえば、
「昨日、残業されてましたよね?」
と質問すると、

「はい」とだけ返事されて
それで会話が終わってしまう可能性が
ありますが、

「昨日はどうして残業されてたんですか?」
と質問すれば、

相手は理由を説明してくれるので
そこから会話が広がる可能性が
高くなります。

「はい」や「いいえ」で答えられず、
回答者が自由に考えて答える質問のことを
オープンクエスチョンと言いますが、

オープンクエスチョンを
相手に投げかけるのが
会話を自然に続けるコツになります。

相手の話をしっかり聞く

質問をして返事が返ってきたら、
その話にしっかりと耳を傾けて聞くことが
大切です。

「話し上手は聞き上手」と言われるように、
相手の話をよく聞くことは
話し上手な人に共通する要素です。

具体的に
どのように話を聞けば良いかというと、

頷いたり、相槌を打ったりするなど
ちゃんと話を聞いていることを示しながら
話を聞くことが大切です。

話を聞こうという態度が伝わると、
相手は自分の存在が認められた気持ちになり
もっと話をしようという気になります。

ですので、相手に良い気分で
たくさん話をしてもらうために、

適度に頷いたり相槌を打つなど
相手の話に対して
リアクションをしっかり取りつつ、

たまに自分の方から
「それって、こういうことですか?」などと
聞いた話を要約して聞き返したりするなど

積極的に話を聞いている姿勢を
相手に示すようにすると良いでしょう。

話のスピードやリズムを合わせる

自分から話をする時は、
話をするスピードやリズム、声のトーンを
相手に合わせるようにすると、

相手はあなたに親近感や安心感を感じ、
会話がスムーズに運ぶようになります。

これは心理学で
マッチングと呼ばれるテクニックで、

会話の仕方を相手に合わせると
その相手と信頼関係を築いて、
心が通じやすくなるというものです。

ですので、相手と呼吸を合わせたり、
話している時の姿勢やしぐさを
さり気なく真似したりするのも

相手とスムーズに会話をするのに
とても有効な方法なので
試してみると良いでしょう。

尚、マッチングのテクニックについては、
「好印象を与える話し方」のページで
詳しく説明していますので、
興味のある方はそちらをご覧ください。

以上、話し上手になるために留意すべき
4つのポイントについて
お話ししてまいりました。

話をするのが上手い人たちは
上記で説明してきたような話し方を
意識的あるいは無意識的にしています。

ぜひこれら4つのポイントを取り入れて、
円滑なコミュニケーションが取れる話し方を
マスターしていただければ幸いです。